タオルの種類

私たちが何気なく使っているタオル。それこそいろんな場面で登場してくるのではないでしょうか。顔を洗ったときにつかうタオル、手を洗ったときにふくタオル、スポーツなどで汗をかいた時に使うタオル、入浴をした後に体をふくタオル。そのほかにもテーブルを拭くときにつかったり、食事の際にも手を拭いたり、本当に様々な場所でよく見かけるのではないでしょうか。

ではタオルというのは柄と大きさが違うだけですべては同じものなのかというとそうではありません。もし体をふくのに求めているのは吸収性がいいタイプかと思いますが、使用するタオルがあまり吸収しなければそれで体をふく意味がないと思いますし、たとえば赤ちゃんの顔や手をふくのに柔らかいものが最適なのに、タオルの生地がごわごわしてこすると大人が使っても痛そうなものであったらもうそのタオルなんて使うことができなくなるでしょう。

しかし、実際はそんなことはないかと思います。それはいろいろなタオルというのはそれぞれの素材を生かして作られているからです。その素材に応じて、タオルはそれぞれのタイプに分かれているんです。そのために吸水性が抜群にいいタオルや、さわり心地がよくていつまでも触っていたいタオルなんていうのもありますよね。

タオルの種類というのは素材でわかれているといってもいいかもしれません。ではどのような素材があるのか少しご紹介いたしましょう。それを知っておくとこれからタオルを買う時や、オリジナルタオルの記念品を作成する際に失敗なんてことがすくなくなるかもしれません。